POLITICOがヨーロッパ版に向け、European Voiceを買収

POLITICO

「POLITICO Europe」を2015年春にローンチすることを9月に発表した、ワシントンをベースにする政治メディアPOLITICO。そのヨーロッパ版を立ち上げるにあたり、POLITICOがEUのニュースを伝える週刊紙とウェブのメディア「European Voice」を買収することがわかりました。

POLITICO Europeは、POLITICOとドイツのメディアグループAxel Springerが共同で立ち上げるPOLITICOのヨーロッパ版。その目標は「ヨーロッパを代表する政治メディアになること」であり、ウェブサイトと週刊紙でニュースを伝える他に、ブリュッセル、パリ、ベルリンなどでイベントやカンファレンスも行っていくといいます。

編集長を務めるのは、Wall Street Journalで国際ニュースを担当してきたMatthew Kaminski(マシュー・カミンスキー)さん。本部はブリュッセルに置き、30人以上のジャーナリストがヨーロッパ各地をカバーすることになります。

European Voiceはよく知られ評価されたプラットフォームであり、POLITICO Europeのスタートを有利にしてくれるでしょう。

Axel SpringerのRalph Büchi(ラルフ・ビュッヒ)さんは、1995年からの歴史を持つEuropean Voiceを買収する理由をそう話します。またPOLITICOは、European Voiceの社長が立ち上げたパリのイベント運営会社「Dii」も買い取ります。イベントやカンファレンスを開いていく上でも、今回の買収はプラスになるのでしょう。

実力者が集まり、すでにヨーロッパで影響力のあるメディアと組んでウェブ、紙、リアルなイベントと多角的なアプローチを行っていく。POLITICO Europeは注目のメディアになりそうです。

European Voice

(via POLITICO, Capital New York

Pocket

Post Navigation