First Look Mediaの”ニュースDJ”チーム「reported.ly」結成

reportedly

eBay創始者Pierre Omidyar(ピエール・オミダイア)さんのFirst Look Media(FLM)が、ソーシャルメディアを使ってリアルタイムな報道を行う「reported.ly」を立ち上げました。チームが世界のニュースを届ける”DJ”となり、ソーシャルメディア上で報道を行うとともに、読者との会話を積極的に行うことでコミュニティをつくっていきます。

reported.lyを率いるのは、元NPRのAndy Carvin(アンディ・カーヴィン)さん。ワシントン在住のアンディさんの他、アイルランド、イタリア、ギリシャに1人ずつ、そしてロサンゼルスに2人と、チームは6人から成ります。この6人が2人ずつ”バディ”を組み、2人でひとつのトピックを担当。twitterFacebookredditといったソーシャルメディアを使って、リアルタイムにニュースを追いかけます。

多くのメディアはソーシャルメディアを自分たちのコンテンツを届けるためにしか使っておらず、ソーシャルメディアを読者と直接話すための生きたスペースとして考えている人は多くありません。私たちがやりたいことは、ソーシャルメディア上にいる読者にニュースを届け、その場でジャーナリズムを行うことです。

とアンディさん。彼はリアルタイムにニュースを伝え、読者との会話を行うメンバーのことをアンカーやプロデューサー、または”ニュースDJ”と呼びます。

andy carvin@acarvinより。自らを「Real-time news DJ」と呼びます。

twitterではすでに「#AskReportedly」のハッシュタグで、DJと読者の会話が行われています。

reported.lyはソーシャルメディアの他に、メンバーの日記としてMediumのページもつくっています。ウェブサイトはまだ持っていませんが、これからつくる予定とのこと。

 
ニュースDJ(≒キュレーター)が求められる背景には、やはり情報が多すぎることがあるのでしょう。最近はニュースレターという形で、「これだけ知っておけば大丈夫」という自社以外のものも含むニュースをキュレーションするメディアもあります。

Vox Sentences:Voxがキュレーションニュースレターを開始
NYTがキュレーションニュースレター「What We’re Reading」を無料に

ただソーシャルメディアがニュースレターと違うところは、双方向のコミュニケーションがとれること。「このDJに任せておけば必要な、信頼できる情報を知ることができる。わからなくても直接聞くことができる」。reported.lyは、読者からそのように思われる存在を目指しているのかもしれません。

(via reported.ly, Gigaom

Pocket

Post Navigation