NYTがキュレーションニュースレター「What We’re Reading」を無料に

what we are reading

NYTが、現在Times Premierの会員のみが受け取れるキュレーションニュースレター「What We’re Reading」を、登録すれば誰でも無料で利用できるようにするようです。

「What We’re Reading」は週に2回、NYTの記者や編集者がおすすめするウェブ上の記事をキュレーションして届けるニュースレター。編集主幹 Dean Baquet(ディーン・バケット)さんなどの個人的な好みによって選ばれる記事が読めるサービスは人気があり、これをオープンなものにすることで、「新たな読者の発掘とすでにNYTを読んでいる読者のエンゲージメントを深めること」が目的だといいます。

先日、Voxが同じようなキュレーションニュースレター「Vox Sentences」を始めたばかり。

Vox Sentences:Voxがキュレーションニュースレターを開始

情報があふれる今、信頼できるジャーナリストが選ぶ「これだけ読んでおけば大丈夫」というニュースが届くことの需要が高まっているのかもしれません。

(via Capital New York

Pocket

Post Navigation