NYTの元編集主幹、ジャーナリズム・スタートアップを計画中

Jill Abramson

2011年からNYT初の女性編集主幹を務め、今年5月に突然の解任になったJill Abramson(ジル・エイブラムソン)さんが、ジャーナリズムの世界に戻ることを明かしました。

エイブラムソンさんはラジオ局WBURのイベントで、ボストン大学でNYTのメディアコラムニストDavid Carr(デビッド・カー)さんと対談。そのなかで、ジャーナリストのSteve Brill(スティーブ・ブリル)さんと共に新たなスタートアップを計画していることを明かしています。

スタートアップでは、1年に1つのビッグストーリーを追いかけるようなジャーナリズムを行い、エイブラムソンさんは記者を雇ったり編集面で関わるとのこと。「新たな雑誌やウェブメディアを立ち上げるわけではない」とも言っているのでアウトプットやビジネスモデルがどのような形になるのかはわかりませんが、そのスタートアップによって「記者にきちんと生活していけるだけのお金を払う」といいます。


44:20あたりからスタートアップの話をしています。

ちなみにエイブラムソンさんの前にNYT編集主幹を務めていたBill Keller(ビル・ケラー)さんも、アメリカの刑事司法制度に関する調査報道を行うNPOオンラインメディア「The Marshall Project」を立ち上げています。

The Marshall Project:NYTの元編集主幹が移籍するオンラインメディア
The Marshall Projectが始動:ProPublica同様、パートナーと組むスタイルを採用

ベテランジャーナリストが立ち上げる新たなスタートアップに注目です。

(via Huffington Post, Mashable

Pocket

Post Navigation