エース記者を集めたBloombergの新ベンチャー「Bloomberg Politics」

david weigel@daveweigelより

Bloombergが、政治ニュースを扱う新ベンチャー「Bloomberg Politics」のメンバーとして、Slateの政治記者 David Weigel(デヴィッド・ウェイゲル)さんを迎えました。Bloomberg Politicsは、ウェブ、モバイル、テレビ、ラジオ、紙といったマルチプラットフォームで政治ニュースを伝える新ブランドで、10月6日にローンチ予定です。

大統領オバマは、こうしてつくられた』の共著者として知られるMark Halperin(マーク・ハルペリン)さん、John Heilemann(ジョン・ハイルマン)さんという2人のベテラン政治ジャーナリストを中心に、元New York magazine編集長のJohn Homans(ジョン・ホーマンズ)さん、ウェブの編集長としてEsquireのMike Nizza(マイク・ニッツァ)さんを迎えるなど、エース級のジャーナリストを集めるBloomberg Politics。

新たに加わるウェイゲルさんは、記者・コラムニスト・アナリストとして、SlateのほかにもWashington Post、USA Today、MSNBC、The Guardian、GQなどで活躍してきた人物。とくにオンライン上で注目され、twitterのフォロワー数は14万人以上、Slateで連載されている彼のブログ「Weigel」は、2011年にTIMEのThe Best Blogsに選ばれています

“人材の流動性”というのが今の日本のメディア界に必要なキーワードのひとつだと思いますが、アメリカではエース記者の異動が日常茶飯事のように起きています。日本では元東洋経済オンライン編集長の佐々木紀彦さんがNewsPicksに移籍したのが記憶に新しいですが、このような事例が引き続き出てくるとよりおもしろくなるのではないかと思います。

(via Huffington Post, Bloomberg Now

Pocket

Post Navigation