Atlantic Mediaの新メディア「This.」は、ニュースのスロー化を目指す

this

Atlantic Mediaが企画している新メディア「This.」。タグラインは「Your Digital Shelf.」(あなたのデジタル棚)で、「おすすめのコンテンツへのリンクを集めたプラットフォーム」になると伝えられています。

This.:Atlantic Mediaの新キュレーションメディアがもうすぐ公開

そのThis.を率いるAndrew Golis(アンドリュー・ゴリス)さんが、Mediumで新たなメディアについてのより詳しい情報を明かしました。

アンドリューさんによれば、This.では、ユーザーは1日に1つだけおすすめのニュースのリンクをシェアできるとのこと。また他のユーザーをフォローしたり、良いリンクをシェアしてくれた人に対して「ありがとう」を言うことができるそうです。

フィードバックを得るためにベータ版を使ってもらっている160人のユーザーに送ったメールで、彼はThis.のねらいを、情報量が多すぎる現在のニュースストリームに対する反抗だと説明しています。

私たちは人がおすすめするコンテンツが好きですが、量が多すぎて追いつくことができません。常にニュースを追うことで気が散ってしまい、情報が価値を持つ”今”の長さがどんどん短くなっていると感じています。

そこでThis.では、シェアできるニュースを1日1つと制限することでニュースをスローダウンし、量より質の高い情報プラットフォームを目指すといいます。

まだまだ実験段階でローンチの時期も明かされていませんが、ベータ版の評価はまずまず。7週間のトライアル期間の結果、70%の人が「This.のリンクは他のサイトで得られるものよりも良い」と答えたといいます。

解説ジャーナリズムや長文ジャーナリズムが現在注目されているのも、情報量が増えすぎたことに対する揺り戻しなのではないかと個人的に思っています。オーガニックの豆を使って1杯1杯いれてくれるサードウェーブコーヒーが注目されているように、モノとの付き合い方が大量生産・大量消費からつくり手の顔が見えることや背景のストーリーに価値を置くようになったように、情報との付き合い方も”量より質”へシフトしつつあるのかもしれません。

情報のスピードが速い今こそ、”スローニュース”が必要?

(via Medium, Capital New York

Pocket

Post Navigation