Red Box:英紙The Timesがメルマガの魅力再発見

redbox

イギリスの新聞The Timesとその日曜版であるThe Sunday Timesが、メールマガジン「Red Box」を始めました。

扱うテーマは政治。とくにスコットランドの独立がかかる国民投票、2015年のイギリス総選挙を焦点に、政治ニュースやジャーナリストによるコラム、世論調査などを配信するとのこと。通勤時間に読めるよう配信時間は朝で、週に6日(平日+土曜)届くそうです。

この4〜5年は多くの人がソーシャルメディアに集中していたので、メルマガをあらためて使うのはおもしろい試みです。

と、The Times・The Sunday Timesのデジタル開発エディターを務めるJoseph Stashko(ジョセフ・スタシュコ)さん。

ジョセフさんによれば、Red Boxを利用するのは無料でThe Timesへの登録も不要であるため、今まで同紙を読んでなかった新たな読者層にリーチできるかもしれないとのこと。また書き手には、より会話的で個性の出るような記事を書くように求めているといいます。たしかに新聞記事では書き手の個性はなかなか出しにくいので、記者の個性が見えるような記事が読めたら紙面とは違ったおもしろさがあるのかもしれません。

Red Boxのtwitterアカウント(@timesredbox)もあり、メルマガを読んだ読者が意見を交換する場として使われているといいます。

個人的には、メルマガという媒体はクローズドである分、読者との距離が近いメディアなのかなと思います。Facebookのlikeは簡単にするけれど、メルマガをとっているのは本当に好きな雑誌や個人だけだったりもします。メルマガという媒体の魅力を再発見することで、狭いけれど深いコミュニティをつくるきっかけになるのかもしれません。

(via journalism.co.uk

Pocket

Post Navigation