NYT Opinion:NYTがオピニオンだけを読めるアプリをリリース

nytopinion1

NYTが、オピニオンに特化したアプリ「NYT Opinion」をリリースしました。

アプリではNYTのすべての社説とOp-Ed(オプエド)、そして「Op-Talk」というセクションで、NYTのスタッフがキュレーションした他のメディアのオピニオン面を読むことができます。ちなみにOp-EdとはOpposite Editorialのことで、批評家やジャーナリストが書く社説と反対の意見のことです。

アプリの使用料は、$6(約600円)/月。NYTの他のサービス同様、月に10本までは無料で読むことができます。すでに紙やデジタルの購読をしている人は、無料でアプリを使うことが可能です。

そして今後は、新たに「Q&A」と「Follow」の機能も加わるとのこと。Q&Aは、文字通りコラムニストやオプエドの筆者に、読者が質問することができるサービス。そしてFollowは、お気に入りのコラムニストをフォローすることで、その人が記事を書いたときに通知をしてくれるものです。

インターネットによる双方向性とソーシャルメディアの普及が、オピニオンについてのより活発な議論を可能にしました。NYT Opinionとオピニオン面に加わる新たなサービス(Q&Aとfollow)によって、読者がよりコンテンツにエンゲージし、コラムニストたちとより深く結び付いてくれることを期待します。

と、NYTのオピニオン面の編集を担当するAndrew Rosenthal(アンドリュー・ローゼンタール)さんは言います。

nytopinion2▲「My Reads」ではお気に入りの記事を保存できます

NYTのアプリは、4月にリリースしたキュレーションアプリ「NYT Now」($8/月)に続いて今年2つ目。

NYT Now:NYTがキュレーションアプリを始めることを発表

この新たなアプリに対して、Nieman LabのJoshua Benton(ジョシュア・ベントン)さんはこのように指摘しています。

$15でNYTすべての記事の購読をせずに、オピニオンだけを読むのに$6を払う人がいるだろうか?

そんな疑問に対し、ローゼンタールさんはこう言います。

人々はたくさんのニュースを読む手段を持ち、大量のニュースを受け取っていますが、本当に興味があるのはオピニオンだと思うんです。したがってNYTを購読していなくても、私たちのオピニオン面を読みたいと思う人はいるはずです。

 
NYT Opinionがうまくいくかどうかはわかりませんが、このようにニッチな需要に対してプロダクトをつくり、新たな読者を獲得すべく実験を行い続ける姿勢はさすがだなと思います。またこれからは記者個人の顔がより見える時代になってくると思うので、新聞に「Follow」機能をつけるというのもおもしろいアイデアだと思いました。

(via NYT, Poynter, The Atlantic

Pocket

Post Navigation