メディアとジャーナリズムの未来を「Future NYT」で考える

future nyt

NYU(ニューヨーク大学)でジャーナリズムを教えるJay Rosen(ジェイ・ローゼン)さんの2015年春クラスで、学生たちが未来のNew York Timesを考えるプロジェクト「Future NYT」が行われています。

Read More →

ソーシャル時代に求められる”ファクトチェック”メディア

factcheck1

Duke’s Reporters’ Labが、世界のファクトチェックメディアの数が増えていると伝えています。2014年5月に行った調査では、アクティブ* なファクトチェックメディアは59ありましたが、2015年に入り、その数は89に増えているそうです。すべてのファクトチェックメディアのリストは、Duke’s Reporters’ Labのページで見ることができます。

Read More →

7年かけて地球を旅するスロー・ジャーナリズム・プロジェクト「Out of Eden Walk」

old of eden walk

2013年から2020年までの7年間、ピューリッツァー賞受賞ジャーナリストであるPaul Salopek(ポール・サロペック)さんが、世界を歩いてストーリーを伝えるプロジェクト「Out of Eden Walk」を紹介します。情報のスピードが速い現代において、”スロー・ジャーナリズム”の価値を教えてくれるようなプロジェクトです。

Read More →

歴史とコンテクストがわかる”解説”ニュースアプリ「Timeline」

timeline

サンフランシスコを拠点とするスタートアップTimelineが、同名のニュースアプリ「Timeline」をリリースしました。タグラインは「News, in context」。歴史をたどることでコンテクスト(文脈)がわかるニュースアプリです。

Read More →

De Correspondentはプラティッシャーへ――読者がつくる”コレクション”をスタート

De Correspondent collection

2013年春に開始したクラウドファンディングで約1億7千万円を集め、同9月にローンチしたオランダのジャーナリズム・スタートアップ「De Correspondent」。広告に頼らない有料購読制(約8000円/月)で独自の調査報道や分析を行うこのオンラインメディアは、プラットフォームとしての機能を導入するそうです。共同創設者Ernst-Jan Pfauth(エルンストヤン・ファウス)さんが、Mediumで書いています。

Read More →

Mediumがビデオシリーズ「Foreword」をスタート

foreward

Mediumが、ビデオシリーズ「Foreword」をスタートしました。プラットフォームでありパブリッシャーでもあるMediumですが、動画というオリジナルコンテンツをつくるという意味で、また一歩パブリッシャーに近づいたと言えるでしょう。

Read More →

BuzzFeedはデザインに注力する:元Etsyデザイナーが加入

CAP WATKINS

AmazonのUXデザイナー、Etsyのプロダクトデザインマネージャーなどのキャリアを持つデザイナーのCap Watkins(キャップ・ワトキンス)さんが、BuzzFeedに加入しました。BuzzFeedでは初となる「Vice President of Design」(デザイン部長)という役職に就き、デザインチームをリードしていきます。

Read More →

ベテランジャーナリストによる政治アグリゲーションメディア「Right Read」

right read

Washington TimesやDrudge Reportなどで25年にわたって政治を追いかけてきたベテランジャーナリスト Joseph Curl(ジョセフ・カール)さんが、新たな政治メディア「Right Read」を立ち上げました。タグラインは「All the news that’s right to read.」。読むべきニュースを集めるアグリゲーションメディアです。

Read More →

「WIRED」共同創刊者が語る、メディアが成功するためにしなければいけないこと

john battelle

「WIRED」共同創刊者 John Battelle(ジョン・バッテル)さんのブログの記事「WHAT MEDIA MUST DO TO SUCCEED」(メディアが成功するためにしなければいけないこと)がおもしろかったので紹介します。上の写真はジョンさんではなく、この話に出てくる同じくWIRED共同創刊者Louis Rossetto(ルイス・ロゼット)さんの若かりし頃のものです。

Read More →

女性向けニュースレターメディア「theSkimm」が6億円調達――メールというメディアの可能性

theSkimm

NBCのプロデューサーであった2人の女性が立ち上げたニュースレターメディア「theSkimm」が、ベンチャーキャピタルから$625万(約6億2500万円)の資金調達に成功しています。このソーシャルメディアの時代に、ニュースレターというメディアの可能性を象徴するようなニュースです。

Read More →

Mediumが第2のスポンサードマガジン「Gone」をローンチ

gone1

twitterの共同創業者エヴァン・ウィリアムズによる、プラットフォームでありパブリッシャーでもあるMedium。テクノロジーマガジン「Backchannel」や音楽マガジン「Cuepoint」、初のスポンサードマガジン「Re:form」をつくるなど、最近はパブリッシャーとしての側面を大きくしていますが、さらに第2のスポンサードマガジン「Gone」をローンチしました。

Read More →

The Marshall Projectがローンチ:非営利と営利のハイブリッドを目指す

the marshall project

NYTの元編集主幹・Bill Keller(ビル・ケラー)さんが編集長を務める「The Marshall Project」が、11月中旬に正式にローンチしています。アメリカの刑事司法制度に関する調査報道を行う、NPOのオンラインメディアです。

Read More →

POLITICOがヨーロッパ版に向け、European Voiceを買収

POLITICO

「POLITICO Europe」を2015年春にローンチすることを9月に発表した、ワシントンをベースにする政治メディアPOLITICO。そのヨーロッパ版を立ち上げるにあたり、POLITICOがEUのニュースを伝える週刊紙とウェブのメディア「European Voice」を買収することがわかりました。

Read More →

First Look Mediaの”ニュースDJ”チーム「reported.ly」結成

reportedly

eBay創始者Pierre Omidyar(ピエール・オミダイア)さんのFirst Look Media(FLM)が、ソーシャルメディアを使ってリアルタイムな報道を行う「reported.ly」を立ち上げました。チームが世界のニュースを届ける”DJ”となり、ソーシャルメディア上で報道を行うとともに、読者との会話を積極的に行うことでコミュニティをつくっていきます。

Read More →

読者とともにスロージャーナリズムをつくる「Very Best of Us」

very best of us

スロージャーナリズムを行う季刊誌とオンラインのメディア「Very Best of Us」(以下、VBOUS)が、2015年夏にローンチするそうです。扱うテーマはカルチャーやライフスタイル。読者とともにストーリーをつくっていくことを目指します。

Read More →

広告ゼロ、課金型のインディペンデントジャーナリズムを目指す「Latterly」

latterly

広告ゼロ、読者からの購読料のみでの運営を目指すオンラインマガジン「Latterly」が、11月18日にローンチしました。タグラインは「Narrating the world.」。人々のストーリーを伝えるメディアです。
Read More →

The Marshall Projectは11月に始動:サイトもリニューアル

the marshall project

NYTの元編集主幹・Bill Keller(ビル・ケラー)さんが編集長を務める「The Marshall Project」が、11月から本格的に始まります。マーシャル・プロジェクトは、アメリカの刑事司法制度に関する調査報道を行うNPOオンラインメディア。ローンチを前に、ホームページのデザインも新しくなっています。

Read More →

NYTの元編集主幹、ジャーナリズム・スタートアップを計画中

Jill Abramson Read More →

NYTがキュレーションニュースレター「What We’re Reading」を無料に

what we are reading Read More →

BBCのFacebookを使ったポップアップニュースサイト「BBC Thai」は来年まで続行

bbc thai Read More →